スタッフ紹介


当店のスタッフの経歴等を紹介いたします。

 代表・調律師 横山 彼得 (ヨコヤマ ペテロ)



取材記事が掲載されました。↓
※画像クリックで全4Pをご覧頂けます

 1960年 熊本生まれ
 1979-1981年 イスラエルのキブツで生活し、ヘブライ語を習得
 1984年 河合楽器ピアノ調律養成所卒業
 1984-1988年 河合楽器サービスセンターに勤務
 1988年 春独立 複数のコンサート調律師について修行
  ※以来10年以上に渡って、軽自動車で寝泊りしながら
  日本中のコンサート会場をまわり、飛び込みで様々な調律師から
  学ばせて頂いた。
 1997年 ピアノクリニックヨコヤマ(ピアノショールーム)を
       横浜にオープン
 2000年 巨匠ピアニスト イェルク・デームス氏に出会い、それ以来毎年
       ウィーンの自宅、ザルツブルグ郊外の別荘、フランスの別荘
       にある80台余のピアノ調律を担当。
 ※その後各国に渡り、工場・修理工房等で様々な技術者に学ぶ。
  特に次の方々には大変お世話になった
  調律師 フックス(オーストリア/ザルツブルク)
  古楽器工房のヴァツェック(オーストリア/ウィーン)
  調律師 ビッツマン(ドイツ/ベルリン)
  ザウター工場(ドイツ/シュパイヒンゲン)
  シュタイングレーバー工場(ドイツ/バイロイト)
  ニューヨークスタインウェイ工場技術者 サム(アメリカ/ニューヨーク)
  ジュリアード音楽院 技術者 積田氏、高久氏(アメリカ/ニューヨーク)
  ブリュートナー工場(ドイツ/ライプツィヒ)

 ハワイのスタインウェイ正規ディーラー サンダースピアノより
 調律依頼を受け、数年間に渡りホノルルに頻回出張(ハワイ/ホノルル)

 2000年 生涯音楽を愛して豊かな人生を生きる事を目的とした
       音楽教室 『リシュモア音楽教室』を横浜市旭区に設立
 2008年 ようやく結婚!
 2012年 ヨーロッパ伝統のピアノ調整・調律技術を伝授し、
       世界で通用するピアノ技術者を育成するため、
       『リシュモアピアノ調律・技術学院』を設立

【横山ペテロさんってどんな人?】
その類まれな調律技術は、巨匠イェルク・デームスに「 You are an artist !」と言わしめるほど、まさに芸術の域。
日本全国のみならず、世界各国のお客様を「音色」で感動させ続けている奇跡の調律師です。
横山の技術力の高さはヨーロッパにまで噂が広がり、2008年には、世界4大ピアノメーカーのひとつである
ブリュートナーの社長直々に、ブリュートナー日本輸入総代理店として任命されたほど!
柔らかい物腰と優しい笑顔、そしてチョット抜けてる感じがまたチャーミングな代表です。
彼得(ペテロ)という名前のとおり、日本人離れした音色や響きを神業のごとくピアノに吹き込んでくれます。
無類の音楽好きで、オーディオ好き!およそ4000枚を超えるCD、3000枚を超えるレコードを所有し、
数々のオーディオ、スピーカーに囲まれて、膨大な数の音楽を聴き込んでいます。
ピアノに魔法がかかる!と多くのお客様を虜にする代表の調律、すなわちヨーロッパスタイルの調律を
是非一度体験してみて下さい。(シゲルカワイをお持ちの方へ:横山はMPSを有しています)

【西洋伝統の調律】
  当店が行っている調律(西洋伝統のピアノ調律・調整)は、日本では「特殊」と
  言われることがありますが、西洋では「伝統」とされている調律です。
  実際に、本場ヨーロッパの音色を知る多くの演奏家に必要とされているのですが
 様々な想像力でもって批判されることもあります。
 けれども、ご安心ください。ピッチは標準の440-442で、ご指定通りに致しますし、
 音律も平均律です。また、調律はずらしておりません!
 さらに、各メーカーの特長・音色を最大限に引き出す調律をしております。
 
 横山はもともと河合楽器出身です。もちろん日本で通常行われている調律も望まれれば致します。
 
ご希望があればコンサート終了後に、元通りの日本調律に戻すことも可能です。
 普段ご自宅のピアノ調律に伺っていても、コンサートの際には会場規約(○○会の会員でなければ
 調律に入れない等)で横山が調律に入れず、 お困りの演奏家も大勢いらっしゃいます。
 横山がヨーロッパから持ち込んだ西洋伝統の調律は、留学から戻って来られた演奏家に
 ますます求められており、コンサートや録音で横山の調律を求める方が増え続けています。
 2016年夏には、季刊誌Analogの「美の匠」で横山の調律が紹介されるなど、
 さらに多くの方に西洋伝統の調整・調律に触れて頂く機会を得ておりますこと、
 大変嬉しく思っております。 
→季刊誌Analogの記事はコチラ
 
 でも、なぜこんな素晴らしい音作りが日本に伝わらないのか。
 そして、いまだに横山の調律が「横山流」「特殊」だと言われるのか。
 それは、日本の調律師がヨーロッパに学びに行くと、工場で学んでしまうからです。
 実はヨーロッパでも、工場では音の頭を合わせて調律されます。
 出来上がったばかりのピアノをどんどん調律していかなければならず、
 どのみちすぐ狂ってくるので、アタックで合わせていくのです。いわゆる日本の調律と同じです。
 ヨーロッパで学ぶなら、ヨーロッパの一流コンサート調律師に学ばなければ、
 この伝統の技術には出会えません。

 
 もっともっとたくさんの皆様に、西洋伝統の調律(横山独自の調律ではありません!)が
 広がっていくよう、今後も地道に取り組んでまいります。

 技術主任・調律師 津久井 俊彦 (ツクイ トシヒコ)
  【経歴】
埼玉県出身
江原学園東京ピアノ調律アカデミー調律学校を首席卒業
その後、シュベスター製造元のエスピー楽器製作所にて研修生として2年間の修行 時代を送り、ピアノ造り・修理を学ぶ
2008年4月、ピアノクリニックヨコヤマに入社し、本場ヨーロッパスタイルのピアノ調整・調律を学ぶ
2010年からは九州から青森まで遠方出張も担当
2012年 ドイツに渡り、ブリュートナー工場で研修を受ける
2013年 結婚!
2016年 巨匠イェルク・デームスさんのウィーンの山荘で調律デビュー!!

【ひとこと】
こんにちは!tsukusanです!でお馴染みの津久井俊彦です。
お客様が気持ち良い音でピアノを弾けるよう頑張ります!ブログも是非覗いてみて下さい!

津久井俊彦さんってどんな人?
真摯で誠実な仕事ぶりには、生来の技術者魂を感じます。“ピアノ技術者”という天職を持ちながら、
笑いのセンスまで兼ね備えた若き技術主任!ピアノクリニックヨコヤマ開業以来初めて、
代表の横山ペテロが聴いている音の成分と同じ成分を聴いて調律できるようになった、天賦の才を持つ調律師。
「休みの日には何がしたい?」と聞くと、「ゆっくりピアノを調整したい」とついつい即答してしまうほど、
ピアノ愛に溢れた熱い技術者です!技術者としてはストイックなのに、性格は365日穏やかそのもの。
ピーマンや赤飯の豆、梅干などが苦手という、ちょっと可愛い子供の一面も!!
向上心がとても強く、日々技術を進化させながら、全国を飛び回って仕事をしています。

2012年にはドイツ デビュー!その後、一女のパパとなりさらにパワーアップし、
ついに2016年8月、巨匠ピアニストイェルク・デームス氏のウィーンの山荘で調律デビューを果たしました。
当店では、開業以来、横山ペテロ以外ではじめてデームス氏の山荘で調律させて頂いた調律師で、
デームス氏からも絶大な信頼を寄せられています。

(シゲルカワイをお持ちの方へ:津久井はMPSを有しています)

 調律師 塩田 勇太 (シオタ ユウタ)
  【経歴】
大阪府出身
2012年 立命館大学理工学部物理科学科卒業
その後立命館大学スポーツ健康科学研究科に進むものの、
ピアノ技術者としての道へ進路変更を決意。
2013年京都ピアノ技術専門学校入学
2015年京都ピアノ技術専門学校卒業
2015年4月 ピアノクリニックヨコヤマの技術研修生として修行スタート。
その後研修生としての頑張りと、技術の劇的な向上が評価され、
異例のスピードで社員に昇格。
2015年9月よりピアノクリニックヨコヤマに入社。


【ひとこと】
ピアノクリニックヨコヤマで学ぶことは新しいことばかりで、とても新鮮です。
これから学ばなければならないことは山ほどありますが、ここは技術者にとって、
また音楽好きとしても素晴らしい環境だと感じています。
一生懸命努力して、もっともっと多くのお客様のところで活躍できる技術者になれるよう頑張ります!

塩田勇太さんってどんな人?
生まれも育ちも関西とはいえ、枚方(ひらかた)出身なので京都寄り。
多くの関東の人たちが想像するような“関西人”とはかけ離れた、お上品な京都風関西人です。
男雛のような気品を漂わせ、しっとりと穏やかな口調で朴訥と話す姿には
昭和の古き良き時代の安らぎを感じます。
好きな音色の方向性も、当店が追求し続けているヨーロッパ伝統の音色とぴったり合致する上に、
好きなピアニストを聞けば、ルプー、ギーゼキング、ケンプ、リパッティー等
当店スタッフ全員と見事に一致するという、まさに運命の赤い糸でガッチリと結ばれているスタッフ♪
入社以来コツコツと技術を磨き、2017年夏からは特別料金スタッフとしてお客様宅での調律デビュー。
大好きな音楽鑑賞で養われ、潤った感性は、音作りにも大きな好影響をもたらしています。
今後ますます良い技術者になってくれること間違いありません!!

 調律師 只木 瑠真 (タダキ リュウマ)
  【経歴】
群馬県出身
2007年3月 群馬の精密機器メーカーに入社
2011年2月 同メーカーを退社
2011年4月 横浜ピアノ調律学院入学
2012年9月 横浜ピアノ調律学院卒業
2012年10月から2015年10月末まで シュベスター製造元のエスピー楽器製作所にて研修生として3年間の修行時代を送る。
2015年11月よりピアノクリニックヨコヤマに入社

【ひとこと】
ピアノクリニックヨコヤマの新風!只木です!
まだまだ発展途上なので、これからいろいろなことをどんどん吸収
していきたいです。お客様に喜んでいただけるよう日々頑張りますので
どうぞ宜しくお願い致します。

只木瑠真さんってどんな人?
シュベスター製造元のエスピー楽器製作所にて研修生として3年に及ぶ修行をしてきた、逸材の中の逸材!
今ここにいるスタッフ全員と同じく、横山が引き出す“魔法の音色”に魅了され、当社の一員となりました。
一途に、一心不乱に新しい技術を次々と吸収し、猛烈なスピードでその技術に磨きをかける頼もしい様子には
底知れぬポテンシャルを感じます。
若いわりに熟年の落ち着きがあり、どんな不測の事態でも余裕の笑顔と愛嬌でサラリと乗り切る器用さと
頭の回転の良さを持ち合わせています。
当店きってのお酒好きで、かつてはバーテンダーのアルバイトまでしていたほど!
今でも臆することなく一人でバーを飲み歩くことができる、異色のスタッフです。
代表の横山も舌を巻くほど、かつてないスピードで成長し続けており、
入社後わずか1年で遠方の納品調律にもお伺いできるようになったSUPER若手スタッフです。

 調律研修生 大山 英樹 (オオヤマ ヒデキ)
 ※社員を目指して当店で修業中です
  【経歴】
愛知県出身
2001年 トヨタ車体株式会社入社
2008年 同社を退職し、中部楽器技術専門学校入学
2010年 卒業後、東京の調律会社で調律師としての経験を積む
2015年 調律会社を退職し、他業界で別の職に就く
2017年7月 ピアノクリニックヨコヤマヨコヤマの技術研修生として修業スタート

【ひとこと】
このたびピアノクリニックヨコヤマで技術を学ぶ機会を与えて頂き
幸せを感じています。技術、知識ともに学んでいくことは沢山ありますが、
一つ一つ吸収し、お客様に信頼して頂ける調律師を目指し
日々精進していきます。

大山英樹さんってどんな人?
一部上場企業で別の仕事をしていましたが、7年目にして一念発起。
それまでのキャリアをなげうって調律学校へ飛び込みました。
卒業後は調律師として4年務めたものの、本物の技術を習得したいと35歳を目前に再び勇断。
2017年7月、当店の調律研修生になりました。
クラシックをはじめ様々な音楽を愛する一見おっとり系の青年ですが、
目標に向かって何をも恐れることなく勇猛果敢に突き進む姿は、戦国武将さながら。
経験者であっても、当店では技術者としてゼロからのスタートになります。
持ち前の不屈の精神で、ヨーロッパ伝統のピアノ技術を身につけてくれることと思います!
修理工房などで見かけた折には、どうぞ温かいご声援をお願いします♪

 音楽教室室長・ピアノ講師 渡辺 敏生 (ワタナベ トシオ)
  【経歴】
札幌市出身
2002年 東海大学大学院芸術学研究科音響芸術専攻修了
その後、合唱団、オペラ、指揮講座等の伴奏ピアニスト、コレペティトールとして活動
2005年 ヨーロッパスタイルの調律に初めて出会い大きな衝撃を受ける。
その後、ピアノという楽器の本当の音色を探し求め、演奏への影響等、日々研究を続けている。
2012年 ピアノクリニックヨコヤマ入社
      (リシュモア音楽音楽教室室長 兼 ピアノ講師)

【ひとこと】
ピアノに接するということは、音楽に接するということだと思います。
ピアノに接することがますます楽しくなるためには何をすべきかを考え、一生音楽を愛する人が増えていくことを願いながら一つ一つ丁寧に頑張ります!

【渡辺敏生さんってどんな人?】
代表の横山をはじめ、ピアノクリニックヨコヤマのスタッフみんなが共通して求めている「音」「音楽」を、同じく
追求し続けているピアニスト♪長年の想いがようやく実を結び、2012年から当店のスタッフになりました。
特殊なレベルの耳の良さを持ち合わせており、当店調律師たちの技術向上になくてはならない存在です。
リシュモア音楽教室の室長として教室を切り盛りするなど、様々な役割を担っているスタッフ。
ほんわかとした話しやすいオーラを放っているためか、彼がいるとなぜか新しいお客様が気軽にお店に入って
こられるという、不思議な引力を持っています。
多くの現代人が驚いてしまうほど理想的な“健康生活”を実践していて、そんな生活が多少なりとも影響しているのか、
彼の演奏は、まるで呼吸しているかのように自然で心地よく、心にスイスイと入ってきます。
不思議な魅力に溢れるピアニスト渡辺敏生。今後も着実にファンを増やしていくことと思います♪

 経理・事務 佐古 なおこ (サコ ナオコ)
  【経歴】
2000年 同志社女子大学学芸学部英語英文学科卒業
2000年 (株)アップ入社(研伸館西宮校 受付事務)
2002年 (医)正名会 池田病院 入社 (院長秘書)
2006年 ピップフジモト(株)(現 ピップ梶j入社(社長・会長秘書)
寿退社のち、大阪から横浜に移り住む
2009年 ピアノクリニックヨコヤマ入社 (経理・事務全般)
2015年12月より、出産・育児休暇に入りましたが、WEB更新や
事務など、在宅でできる業務のみ不定期でお仕事を続けています。

【ひとこと】
OL時代は、給料のほとんどをクラシックコンサートとオペラにつぎ込んで、音楽一色の生活を送っていました。お店には豪華なピアノはもちろん、素晴らしいオーディオ、沢山のレコード・CDがあり、クラシック好きにはたまらない環境です。熱いクラシックファンの方も、今はまだそうでない方も、是非遊びにいらしてください♪

【佐古なおこさんってどんな人?】
関西生活10年以上の歴史を時に垣間見せる、ほんのり関西色の事務スタッフ。
彼女がいると、なぜかお菓子類がすぐなくなります。
お子様から絶大な人気を誇り、お子様連れのお客様が来店されると一瞬でお子様の心を掴むその“技”はプロ級。
「帰りたくない」と泣く子が続出するほどのスーパー保母さんぶり♪
たくさんの新しいアイディアで、ピアノクリニックヨコヤマのHP、ブログ、ピアノ情報、企画などに大きな進化をもたらし、
事務・経理全般を猛スピードでこなしながら、日々お客様とのご縁を広げてくれています。
出産後は育児休暇に入りましたが、WEB更新や事務など、在宅でできる業務のみ不定期でお仕事を続けています。

 事務補佐 寺尾 菜穂子 (テラオ ナホコ)
  【経歴】
1994年 武蔵野音楽大学卒業
同年4月 横浜市金沢区の楽器店に、ピアノ講師として就職。
現在は、複数の合唱団の伴奏ピアニストも務める。

【ひとこと】
大学時代から、現在に至るまで、ピアノクリニックヨコヤマに調律をお願いしており、今では、演奏会会場のピアノ調律もお世話になっております。
毎回、伸びのある魅力的な音で、私の演奏を支えてくださいました。
この素晴らしい音で弾ける幸せな環境が、日本でもさらに広がっていくよう願っています。

【寺尾菜穂子さんってどんな人?】
歌のお姉さんのような綺麗な声と、誰もがホッとする穏やかな人柄が魅力のスタッフ♪
いつも優しいほんわかムードで、お店に平安をもたらしてくれています。
実は、ピアノクリニックヨコヤマが現在の場所に移転&オープンする前からずっと
横山に調律を頼んできたという、長〜いお付き合いの“お客様”でもあり、
その優しく素敵な人柄ゆえに、オープン当初はアルバイト第一号としてお店を任された過去もあります♪
笑顔じゃない顔を見たことがない!というぐらい、いつもニコニコ笑顔の寺尾さん。
元気のない時には是非、癒されにいらしてください。
リシュモア音楽教室でピアノ講師もしています。無料体験レッスン受付中です♪



泣sアノクリニックヨコヤマ 〒241-0835神奈川県横浜市旭区柏町27-10 TEL:0120-747-442 / 045-391-7770